トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

徳川慶喜


徳川慶喜
【とくがわよしのぶ】

(1837-1913)

江戸幕府第一五代、最後の将軍(1866-1867)。水戸藩主斉昭の七男。幼名七郎麿・昭致。1847年一橋家を継ぐ。62年将軍家茂の後見職として公武合体策を推進。将軍となってのち、フランスの援助を受けて幕政改革をはかったが、挽回はならず大政を奉還し、江戸開城後は水戸で謹慎し、徳川宗家の家督を田安亀之助(徳川家達)に譲り駿府に移った。のち公爵。

-幕末辞典-