トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

松平定信


松平定信
【まつだいらさだのぶ】

(1758-1829)

江戸後期の老中。陸奥(むつ)白河藩主。田安宗武の子。松平定邦の養子。号は楽翁。藩政に尽力、天明の飢饉(ききん)に藩内で餓死者を出さなかったという。田沼意次失脚後、老中となり寛政の改革を主導した。著「花月草紙」「宇下人言(うげのひとこと)」ほか。

-幕末辞典-