▲観光案内所トップページへ  ▲市内散策コーナートップへ
|TOPページ|吹屋の街並み|吹屋郷土館|吹屋資料館|広兼邸|広兼邸パノラマ写真|
|ベンガラ館|笹畝坑道|吹屋小学校|ラフォーレ吹屋|
吹屋銅山は古文書によると大同2年(807年)「大深谷に鉱気これあり銀鉱を得」とあり,何時の頃か銅山にかわり採鉱師によって採掘され戦国時代地方の豪族尼子氏,毛利氏の領有するところとなったが,徳川時代は直轄地(天領)となり,代官の支配下で諸国の銅山師が請負採掘した。泉屋(住友)が天和元年(1681年)より30余年採掘経営中最も栄えたのは元禄年間で日本6大銅山の一つとなり,町も大いに栄え人口も数千人に及び多くの商人や芸人も集まり,遊女屋も開かれたと伝えられている。
 次いで大塚宗俊の子孫代々が吹屋銅山を経営し幕末に至るまで約100年間これに関係している。備中一の宮の吉備津神社の大鳥居は宝暦12年に大塚理右衛門が独力建立寄進したものである。この頃が吹屋は第二期の繁栄期である。
 明治6年(1873年)岩崎弥太郎(三菱)に移り,水力自家発電により選鉱,精錬,坂本から成羽まで,トロッコ専用道路を敷設するなど近代鉱業として明治年間大いに栄えた。
 町も第三次の繁栄をしたが,昭和期に入り次第に衰え現在は閉山されている。
 こうした中にあってこの笹畝坑道は多くの銅山抗口がある中でも比較的変化に富み,当時の面影を残す坑道跡で,昭和53年度吹屋ふるさと村整備事業として復元整備され,昭和54年11月から一般に公開している。坑道の復元延長は320mで中央部は蜂の巣のように採掘されており,また鉱石搬出用軌道も残されておるなど見せ場も多く,内部気温は15℃と夏は涼しく冬は暖かい別天地である。

出典:笹畝坑道冊子

十八世紀初頭(元禄年間)には、産銅が年間百二十トンないし百八十トンに達した。当時全国で有名な銅山は二十カ所あったが、年間百二十トン以上産銅した所は、わずか六カ所であったことからも分かるように、吹屋は西国一の銅山であり、全国的に有名な銅山の一つであった。さきほどのうたは、当時の吹屋の鉱山景気をうたったものである。縄文時代や弥生時代は、石や土を使って石器や+器を作り、生活に役立てていた。
ところが大陸から青銅や鉄の道具が伝わってくると、強くて便利な金属がいろいろなことに使われるようになった。最初は、土や砂の中にまじっている金や鉄を集めていたが、そのうち、岩石の中にふくまれている金や銅を採り出す技術が進み、吹屋では平安時代の初めには、採掘が開始されたと言われている。江戸時代になって、一六一五(元和三)年頃から百三十年余りと、明治に入ってから再び大いに栄えた。
明治に入り、大資本による経営となり、操業の機械化、経営の革新などによって日本屈指の銅山となり、精錬所がつくられた。粗銅の運搬のため田原のち坂本から成羽まで人車鉄道がつくられた。このように栄えた吹屋にあった銅山も、年々不振となり、一九七二(昭和四七)年に閉山した。
なお、現在吹屋の人口は八○○人ほどであるが銅山の最もさかんだった明治の初め頃の人口は、約三〇〇〇人で多くの商人が集まり、鉱山と共に繁栄していた。大阪までの銅の運び方は、明治時代には次のようになっていた。吹屋から成羽まで(約十ニキロメートル)1牛・馬成羽から玉島まで(約三十六キロメートル)1高瀬舟玉島から大阪まで(約二百キロメートル)1船
<出典:高梁歴史読本 高梁青年会議所発行>




  

 Copyright(C) 2001 備中高梁観光案内所