05 10月10月1日よりFacebookページの表示にSSLが必須になった件

2011年10月1日よりFacebookページでiFrameを使用している場合、SSLに対応していないとページが見えなくなるという話題で持ちきりだ。

しかし、実際のところ何がどうなっているのか、今ひとつ理解していないユーザーもおおいので、一度情報を整理してお届けする。

SSL接続とは「Secure Sockets Layer」での通信で、要はサーバーと自分との通信が暗号化され、第三者にデータを盗聴されることを防ぐ技術、クレジットカード番号の入力画面やgmailなどで昔から使われているあれだ、具体的にはURLの http:// が https:// になる。

当然Facebookという様々なサイトのゲートウエイとして使用できるサイトに関して、防犯意識の高いユーザーはSSLでの接続の方が安心感も高まるだろう。

さて、そんなFacebookへのSSL接続だが、10月以降も見えなくなったページなんか無いよ、と言う人がおおい、なぜならばFacebookへのログインはデフォルトではSSL接続はオフになっており、SSLでログインするには「アカウント設定」→「セキュリティー」→「セキュア接続」とすすみ「セキュアな接続(https)を利用する(可能な場合)」にチェックを入れてSSLでのログインを有効にする必要があるからである。

10月1日以前からすでにSSLによる接続は可能で、SSLで接続していたひとがSSL未対応のFacebookページを見ようとした場合、「このページはSSLに対応していません、それでも見ますか?」的な警告が表示されていたため、実質的には10月以前からSSLに対応していないページは実質見られていなかったとは思うが、1日からは完全に見られなくなったようだ。

では、自分のページが現在SSLに対応していない場合はどうすれば良いかというと、「ほっとく」か「対応する」かのいずれかの選択となる。

対応する場合は自らSSLを購入するか、サーバーに元からある共有SSLを使うことになる。
購入する場合は、自分のサーバーがSSLに対応しているかどうかをチェック、共有SSLがある場合は、あまり考えずに共有SSLの自分のページのURLをチェックしてアプリの設定画面でURLを追加するだけで可能となる。

具体的な方法は下記をチェック&チェック!


FacebookページのSSL対応ページをロリポップの共有SSLを使って作る


iFrame版 Facebookページ作成方法(最新版 仕様変更対応)