15 12月google+ビジネスアカウントの作成方法と活用方法

google +のビジネスアカウント作成ページが変更になっていたので修正記事をアップ

まずは下記URLにアクセスして、これから作成するビジネスページの分類を選択します。

https://plus.google.com/pages/create

 

c1

 

今回は私が管理している「山田方谷マニアックス」というページのgoogle+ページを作成してみます。

歴史の偉人というカテゴリがないので、「団体」のカテゴリを選択してみました。

プルダウンで、自分のホームページに該当する分類を選択します。

c2

 

「google+ページ作成」というページになるので、新しい「google+」ページのタイトルとURL,ページの対象者を選択して「次へ」ボタン

c3

 

これで一応google+ページは完了ですが、これだけではいろいろと不十分です。

まずは「使ってみる」ボタンをクリック!

c4

 

 

したの赤枠の「プロフィール写真を追加」からプロフィールの写真を追加します。

この写真は、「山田方谷マニアックス」がgoogleの検索結果として表示された際に「著作者」として、検索結果内に表示されるので、必ず入れましょう。(※顔の写っている物)

c5

 

 

アップロード方法は画面に沿って進めるだけ

c6

 

c7

c8

 

写真アップロードご、背景画像もアップロード

c9

 

電話番号と、番号の公開範囲を入力、

c10

 

このページの紹介文を入力

c11

 

キャッチフレーズを入力

c12

 

これで、66%準備完了です。

c13

 

 

このあと、blog「山田方谷マニアックス」が自分の所有であると認証作業が必要です。

c15

 

「ウエッブサイトのリンク」のリンクをクリックすると、下記のようにソースが表示されます。

このソースを自分のブロクに張って認証を行います。

c14

 

 

ただし、googlewebマスターツールに自分のサイト(今回は「山田方谷マニアックス」)を登録していないと、「サイトのホームページにコードが追加され、変更後のホームページがサイト上で稼働していることを確認してから、もう一度テストしてください。」というエラーメッセージが表示され、この先に進めません。

WEBマスターツールへの登録を「https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja」から行った上でもう一度試してみてください。

 

c16

10 7月googleカレンダーの予約機能がおもしろそうなので試してみました。

みなさん、googleカレンダーに予約機能があるのをご存じでしょうか?

ホテルや旅館の予約を取るときに表示されるカレンダーがありますが、あれと同じような機能です。
いつの間にそんな機能が!と思いますが実は2011年6月から実装されています。
私は最近まで知りませんでした・・・・

使い方は至って簡単です。

まずはgoogleアカウントにログインしてカレンダーを表示します。
このときのポイントは「日」もしくは「週」の表示にすること。
「月」表示では「予約枠」のリンクは表示されません。

それでは早速設定してみましょう
「週」表示にして、予約枠を設定したい時間にマウスカーソルを合わせると
画像のバルーンが表示されます。

ここで赤枠の「予約枠」のリンクをクリック。

すると下の様な表示に変わるので「予約枠の使用を開始」のリンクをクリックします。

さあ、予約枠の詳細設定画面が出たでしょうか?
後は必要事項を入力しましょう。

「場所」のテキストボックスに住所を入れると、予約者に飛んでくる確認メールにgoogleMAPのリンクが張られますよ。
情報の入力が終わったら左上の「保存」ボタンをクリックして設定完了です。

あとは詳細入力ページに表示されていた「このカレンダーの予約ページ」のURLに入ってみましょう。
赤枠のようなページを確認できます。


クリックすると次のような画面が出てきて、「保存」ボタンを押すとその時間で予約されたことになります。

そうそう、この機能は予約する側もgoogleにログインしている必要があります(ここが惜しいね)
ついでにgoogleカレンダーをホームページやblogに貼り付ける方法です。

まずgoogleカレンダー右上の歯車マークをクリックして「設定」を選択します。


設定画面が開いたら「カレンダー」のタブをクリックして「このカレンダーを共有」のリンクをクリック!


このカレンダーを一般公開する ヘルプ
このカレンダーは一般公開され Google の検索結果にも表示されます。
予定の時間枠だけを一般に公開 (詳細は非表示、検索の対象にもならない)

のチェックボックスをチェックして「保存」をクリッククリック!
さらに左上タブの「カレンダーの情報」ページを表示して、赤枠のHTMLコードをコピーします。


あとは好きな場所に貼ればOK~~~
Facebookページに入れ込んだりも可能なので使い方によってはおもしろいです。

 

03 1月google+ページ(ビジネスページ)の作り方

oogle+で「Google+ ページ」と言う企業や団体向けのアカウントサービスが開始された。
Google+ ページとはこれまでの個人ページとは違い、企業や法人がgoogle+上で自社ページをもちたいときに活用するページとなる。
Facebookで言うところの「Facebookページ」とおなじ様な使い方が可能となる。

※但し現時点(2012年1月3日)ではgoogleはgoogle+ページ上でのでのコンテスト、懸賞、割引、クーポンなどのプロモーションを禁じている。 但しgoogle+ページからリンクされたページ上でこれらのプロモーションを行う事については許可している。

http://www.google.com/intl/en/+/policy/pagescontestpolicy.html

google+のビジネスアカウント作成方法が変更になっています、新しい作成方法は「google+ビジネスアカウントの作成方法と活用方法」をご覧ください。

google+に関してはまだまだ未知数なサービスではあるが、天下のgoogleが運営している事もあり、今後必ず押さえておかなければならない重要な要素としてポイントを紹介しよう。

まずgoogle+とはgoogleのはじめたソーシャルネットサービスで会員数は2011年7月時点ですでに1000万人を突破、最近ではAKB48の参戦で又急速に注目を集めている。

http://www.google.com/intl/ja/+/project48/ (2011年12月)

このGoogle+ ページの特徴としてはこれまでのgoogle+の個人ページと異なり、google検索に表示されるという特徴がある。
ちなみに「ハレハメイド」で検索すると、本ページのURL、本ページでaccessの多い記事のURL,Facebookページに続き作成して3日で5位に表示されるようになった。

では先ず「Google+ ページ」の作り方についてふれる。

 

Google+ ページの作成はとてもかんたんだ(内容はともかくとして)、まずはgoogle+の右カラムにある「google+ページを作成」ボタンをクリック

※すでに1ページ以上制作していて、ページを増やす場合は左上本人の写真の右側名前の下にあるページ管理のリンクをクリック。

 

するとページ作成の初期画面が表示される。Google+ ページでは最初にこれから作成するページのカテゴリーを選択する。

【選べるカテゴリー一覧】
・地域のお店や場所
ホテル、レストラン、場所、店舗、サービス…
・商品/ブランド
アパレル、自動車、エレクトロニクス、金融サービス…
・会社、機関、組織
企業、団体、機関、非営利団体…
・芸術、エンターテインメント、スポーツ
映画、テレビ、音楽、本、スポーツ、ショー…
・その他
ページ

カテゴリー選択後は右側の入力フォームでGoogle+ ページのページタイトルや小さいカテゴリーを選択する。

 

情報入力後「作成」ボタンをクリックすると「しばらくお待ちください」画面が表示されGoogle+ ページが作成される。

 

 

できたGoogle+ ページにキャッチフレーズや写真を登録します。

自分のサークル仲間に新しく作ったGoogle+ ページを告知できます。
不要の場合はこれで完了です。

 

Google+ ページは通常のgoogle+同様の操作で記事を投稿します。
但し詳細などの変更をする場合は自分の個人ページ写真横のリンクより「ページの管理」をクリックし、詳細情報を変更したいページを選択して変更します。

 

01 8月ページスピードサービス(Page Speed Service)とは

米googleで又驚くべきサービスが発表された。「Page Speed Service」、内容をざっと紹介すると、自分のホームページをgoogleに登録すると、googleがページのソースや材料をgoogle自社サーバー内に取り込み、無駄な部分をごっそりと削除しスリムな状態に整形した上でユーザーのサーバーの代わり検索結果をgoogleのサーバーから表示する。

これにより25%~60%程度ページの表示速度が速くなると言う。

【ページスピードサービス(Page Speed Service)とは】
googleサイト「ページのスピードサービスとは何ですか?」より引用

「ページのスピードサービスは、自動的にWebページの読み込みを高速化するオンラインサービスです。ページのスピードサービスは、サーバーからコンテンツをフェッチし、ウェブパフォーマンスのベストプラクティスを適用することによって、ページが書き換えられ、世界中のGoogleのサーバーを経由してエンドユーザに提供しています。」

http://code.google.com/intl/ja/speed/pss/index.html

さて、では正直なところ、このサービスどうなんだろうか?
64Kでダイアルアップで接続していた頃ならばいざ知らず、現在のブロードバンド環境でのページの表示速度はほとんど気にすることのないレベルまで来ている。
(たしかにモバイル環境ではまだページが軽いに越したことはないが)また、SEO的にはページの反応速度は軽い方がいいと言われているが、自分のサイトをgoogleに任せてしまうことがSEO的にどうなのかと言うことはまだまだ未知数である。(ただし、あまりgoogleに手の内を知らせすぎてしまうイメージもあるので、SEOに関してはこのサービスを導入するには二の足を踏んでしまうのではないだろうか?)

発表によるとgoogleは将来的にこのサービスを有料で展開する予定、googleが最初から有料サービスを基本とするサービスをはじめるのは珍しいが、これがページランクや検索結果にどう影響を及ぼすのか、まずは英語圏の動向を細かくチェックする必要がある。

20 7月google+(グーグルプラス)に登録してみた感想

google+(グーグルプラス) をはじめた。

現在試験運営中というが、すでに1000万ユーザーを突破したらしい、(ちなみに現在の男女比は9:1で男が多いらしい)

http://www.gizmodo.jp/2011/07/googleplus_users.html

最初の印象は、「できることあんまり無い?」という感じ。
Facebookページのような法人ページがない?(あるかもしれないが)上にFacebookのような強制的な友達紹介も無いため、友人を登録していない現在ではまだ、あまりすごさは伝わってこない。

メニューにあるのは「ストリーム(友だち・知人フォロー中・家族・親戚・仕事・サークル外から・お知らせ)とSparks」の2つでストリームがFacebookで言うところの「ニュースフィールド」となる。

Sparksは自分の関心あるキーワードが登録できて、登録したキーワードはメニューに登録され、クリックするとgoogleの検索結果のような検索結果が表示される。

google+で最大の特徴は「サークル」となるだろう。
サークルとはgoogle+最大の特徴で、自分の人間関係を「友達」や「知人」「仕事」「家族」と言った具合に細かく設定できる。
設定後は記事の投稿時にその記事の公開範囲をサークルごとに設定できるため、プライペートな事は仕事関係には公開しないとか、友達だけで秘密の話も可能となる。
サークルへの登録は簡単でサークル登録画面を開くと、自分が招待した人物や、自分のgmailに登録されている人物の一覧があらかじめ表示され、それを各サークルにドラッグアンドドロップするだけでOK(HTML5すごい!)、動きもクールでとてもかっこいい。

あと、ビデオチャット機能、Facebookでも同様の機能が発表されたばかりだが、google+でも友達と簡単にビデオチャットが可能となる。
使い方は超シンプルで使い勝手も良さそうな感じ、Facebookも導入したところを見ると、これからのSNSのトレンドはビデオチャットが本命なの?とも思える。

もう一つの本命機能がgoogle+1(グーグルプラスワン)
googleにログインした状態で、google検索結果の横にあるプラスワンボタンをクリックすると友人に伝わる(これはFacebookのいいねボタンとおなじ)機能の他、google検索をする際、自分の友人がプランワンボタンを押したサイトがあれば、それがgoogleの検索結果に反映される。

この機能は魅力的で、「友人SEO」ともいえる機能で、今後は検索結果で1~2位のサイトよりも6~7位の友人がプラスワンボタンをクリックしているサイトの方を積極的に見られるようになるかもしれない。

現在でもメンターがブログでサイトを紹介し、そのサイトが人気になることは多いが、今後は検索結果にメンターのお気に入りページが表示されるなどのことが起こるため、google+で大量の友人を持つことで自分のサイトへの誘導がより手軽に行えたりと、友人数が多ければ多いほどgoogle検索上での影響力が大きくなる可能性がある。
(現在最大の友人登録数は不明)

興味ある人は上のお問い合わせフォームで「google+招待希望」と書いて送ってくれれば招待します。

14 5月google chromebook(クロムブック)流行るかな?

米Googleは5月11日、Chrome OS搭載のNetbook、「Chromebook」を6月15日に一部の地域(英語圏に限るが)で発売すると発表した。chromeOSを搭載したネットブックの発売そのものについては、すでに知られていたためさほど驚くことではないが、androidで瞬く間に大成功を収めただけに、googleのリリースする新デバイス、いやでも注目度は高い。

ITmediaの記事「http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1105/12/news016.html」によると一番手としては「サムソン」と「エイサー」から発売され、サムソン版の価格は価格はWi-Fi版が429ドル、3G版が499ドル、エイサーも似たようなものだろう。日本円にすると4万円から5万円前後と価格帯はwindowsのネットブックと同程度となるようだ。

発表されたスペックによるとCPUはIntel ATOM Processor N570搭載、16GBのSSD、液晶パネルは12.1インチで重さは約1.5キロ。スペックだけを見るとEEEPCなどのネットブックと何ら変わることがなく、OSがWINDOWSからchromeOSに変わっただけにも見える。
実際のところ大きな違いは3G版が存在し、どこでも通信が可能ということ以外、今のところchromeブラウザの入ったネットブックとの違いはあまり思いつかない。
とはいっても、これは現在の話、この先魅力的なハードウエアが出現するとchromebookも大ブレイクするか可能性がある。

大きな可能性としてはなんといっても独自OSによる快適性だろう。起動後数秒で使える状態となるのは快感に使い、多くのビジネスマンにとってはWEBが見られて、Excel&Word&PowerPointが使えれば特にwindowsである必要は最近ますますなくなってきた。
さらにchromeOSにはandroid同様多くの有料無料アプリケーションが使えるというメリットもありその利便性はipadに近いものといえる。
ブレイクの可能性としては非常に有望だが、現時点でのハードウエアは全くいただけない。
では魅力的なハードウエアとはどんなものだろうか、やはりライバルはアップル!MacBookairだろう。つまり、MacBookair並に薄くて軽く(最低でも1キロ前後)洗練された持っていてかっこいいデザインの機械が必要だろう。
ソニーあたりが新ブランドで出してくるとかっこいいかもしれない、いずれにしても薄さと軽さが大きなポイントになるだろう。

そういえばこれに先駆けて、chromeブラウザの機能拡張ページがchromeウエッブストアとしてリニューアルされたが、これはすごくいいのだ。https://chrome.google.com/webstore?hl=ja
簡単なイメージは「android」のchromeブラウザ版なのだが、様々なアプリケーションをchromeブラウザ上にインストールして使用することができる、中には「初代スーパーマリオブラザーズ(無料)」などのゲームもあり、日を追うごとに内容は充実しているようだ。この操作感はかなりおもしろい。実際慣れてくるとchromeブラウザ上だけでかなりのことは可能となる。

さて、googleはタブレット型にはandroid、キーボード型にはchromeOSを使う展開を予定している、この関係はIPADとMacBookairの関係とほぼおなじといえる。アップルとの最大の相違点はなんといっても「クラウド」につきる。
chromeOSではすべてのデータはクラウド上に保存される(16GBのSDDを搭載しているためオフラインでも保存はでき、オンラインになると同期するのだろう。)また。今後映画や音楽の配信も予定されているが、すべてのサービスはストリーミングとなり、ダウンロードタイプのituneとはこの点が大きく異なる。
クラウドに関しては、今までは大絶賛のみで有ったが、数日前のソニーの顧客データ流失事件より、クラウド化の安全性について若干雲行きが怪しくなった。事実一億人分のデータが流失なんて事が起こると、googleさん大丈夫?と言う気分にもなってくる想定外はかならず起こるということを加味すると、本当に重要なデータをクラウドに置くことについては意見の分かれるところとなるだろう。

いまスターバックスを除くと、以前は多かったEEEPCなどのネットブックをほとんど見かけなくなった。現在の三大勢力は「ipad」「MacBookair」「Panasonic Let’s note」となっているようだ、ここに今後chromebookがどの程度食い込んでくるかがおもしろそうだ。