31 3月Facebookは日本ではやるのか? その2

日本でのさらなるシェア拡大には、携帯の対応欠かせない、ジレンマもある、果たして、この先も日本独自のガラパゴス携帯が生き残ってゆくのか、それとも早い段階で、すべてスマートフォンにとって変わるのか、少なくとも当分スマートフォン市場の拡大は間違いのないところのため、各社ともスマートフォン対応には力をいれてくる、しかし、すでにガラパゴス携帯でのプラットフォームを持っている日本勢にたいし、Facebookが今から携帯の対応を急いでも、シェアが奪えるかどうかは未知数だ、現在PCにおいては膨大なコンテンツを持ち、世界規模では圧倒的な規模を持つFacebookも、日本では言語の壁と携帯の壁により、うまく自分のリソースを使う事ができないと言える。

では、パッと出てきて、瞬く間にシェアを握ったTwitterと比較してどうか、まずTwitterにはFacebookほどの複雑さはない、くせはあるが、使うことさほど難しさはなく、何ができるのかも明快だ、早期から日本の携帯に完全対応した元の要因も大きい。また、ブログは使えないがTwitterならばと言うWebオンチをも取り込みユーザーが膨れて行った。
これまでになかったサービスにマスコミが飛びつき宣伝しまくったこともある。

これらの要素はFacebookとは対象的だろう。

最近マスコミで紹介されているFacebookの内容をみると、Facebookの日本での戦略は、まず高感度なビジネスマンをターゲットとし、ビジネスに有効なサービスとしてのFacebookを売り込んでいる様に思える。

この戦略が正しいかどうかは今後検証の必要なところであるが、そもそもアメリカでシェアを伸ばした最大の原動力は無料で遊べるゲームと、いち早く公開しオープン化したAPIに多くの開発者が飛びつき、Facebookない使えるで無料のゲームやサービスが好循環に激増した事が大きい、無料ゲームの拡大で当時アメリカで最大だったマイスペースを抜き、その後はゲームユーザーをコアにゲームをしない周辺ユーザーを取り込んで行った。

そして、ゲームをしないユーザーと、企業にとって魅力的だったのが例のいいねボタンだった、。

今でこそFacebookを代表する機能のいいねバタンだが、最初から実装されていたわけではない、いいねボタンは、ともだちの投稿に対し、いちいちコメントをつけるのが面倒な場合の時のために用意された便利機能である。

ちなみにいいねボタンには2種類ある事は抑えていかなければならない、一つはともだちのコメントに対する「いいね」そしてもう一つが自分から発信する、ブックマーク的な「いいね」だ、Facebookの流行るチョット前に世界的にソーシャルブックマークサービスが大流行したが、Facebookの「いいね」ボタンはこのソーシャルブックマークサービスの進化版で、自分が登録しているともだちに「いいね」を能動的に配信する。

さらに、Facebookがもともと持っている体質であるAPIのオープン化でだれでも、Facebookのページ以外の普通のホームページでも「いいね」ボタンを設置する事が可能になった。

「いいね」ボタンによるバイラル効果はよく知られることであるが、「いいね」ボタンそのものもまたバイラル効果により急速に普及した。
Facebookが日本でのはやるかどうかに話を戻す。

先にも書いたが、最大の鍵はモバイルである。
日本のモバイル対応が遅れているFacebookだが、勝っている部分ももちろんある。

中でも、今後最も重要な要素の一つとなるのが、gpsを使ったチェックイン機能だ。これはスマートフォンからFacebookにログインするとすぐに使える機能で、自分が今どこにいるのかをスマートフォンのGPSを使って検出し、ともだちに教える機能だが、その場所を非常に細かく設定できる。

たとえば、●●駅西口のマクドナルド、と言った具合だ、そして、位置検索した際に自分のいる場所や店舗がない場合は、任意で登録が可能、登録された店や、検索時すでにリストアップされている店舗はFacebookないに自動的にFacebookページが作成され、そこにコメントを書き込む事もできる。

自分の店のファンページを作成し、場所を登録すると、チェックイン機能でユーザーがチェックインするFacebookページを運営する事も可能となる。

アメリカでは、Facebook以外にも、チェックイン機能を持ったソーシャルネットワークサービスは多くあり、チェックイン機能を使った割引サービスやポイントシステムなど様々な仕組みがすでに運営されている。

日本でもMIXIを始め、動き出しているところは多いが、洗練度でFacebookに一日の長がある。アメリカでは、一人一日平均3,5回チェックイン機能を使うというので、今後日本でも間違いなく重要なポイントとなる。

では、Facebookは日本でもはやるのか?

アメリカの様に全国民がアカウントを持つというような事は、日本では起こらないだろう。

googleしかりebayしかりで、ダントツの世界シェアをもつサービスも一応に日本では苦戦する、しかし、取り合えず、MIXIくらいまでは伸びる。

Facebookが日本で圧倒的な存在感を得るためには、PCではyahoo!JAPANにページビューで勝利し、日本独自の携帯文化に完全対応し、さらに、スマートフォンでのサービスも先進性を維持してゆかなければならない、そのハードルは結構高い。
【Facebook関連記事】

30 3月Facebookは日本ではやるのか? その1

 

多くの人が気になっているテーマだろう。

全世界でのユーザー数が5億人を超え、まだまだペースは鈍っていない。中東の革命を引き起こすなど、影響力も絶大で、アメリカではほとんど全国民がFacebookのアカウントを持っている。

アメリカで起こる事は、必ず日本でも起こるという言い伝えもある。

たしかに2011年は日本でのFacebook元年でもあった。東日本大震災ではFacebookやTwitterの持つ情報伝達能力に改めて便利さを実感した人も多い。

否定的な意見も良く目にする、中でもよく言われているが、実名主義のFacebookは日本の風土には合わない、というもの。

対象的な存在である2チャンネルとの比較だろうか、それともこの主張を繰り広げているのが等の2ちゃんねるユーザーだからだろうか。

この意見に関しては、まぁ当たっている部分もあるにはあるが、Facebookをやらない決定的な要因にはならないのではないだろうか。

Facebookが日本人にとって、実名で使用する事のハードル以上の魅力さえあれば、大きな生涯にはならないと思う。

では、現状日本でFacebookが今ひとつ乗り切れていない原因は何か・?

一つには日本語対応に時間がかかり、ようやく最近になって、完全に日本語対応ができた事があげられる。

ほんの一年前まで(2011年3月28日現在)まるで日本語対応ができていなかった、アプリやゲームに関してはまだまだ英語表記が多く、言語のハードルは高い。

3月になってかなりFacebookが盛り上がってきた背景として日本語対応できた事は大きい。

ちなみにユーザーインターフェイスがちょっとわかりづらかったり、いいねやシェアの概念が最初は理解しにくいというのはたいした問題でなく、慣れが解決してくれる。

では、言語のハードル以外で何がFacebook日本普及の障害となっているのか?

ここで一つポイントとなるのは、どの程度の会員を持つと普及したと言えるのか、という事。

日本普及の最大規模のMIXIもグリーもモバゲーも会員数は2千万人前後である。このラインまでFacebookがいくかどうかとなると、おそらくいくと思う。

しかし、アメリカのように全国民がアカウントを持つまでに至るかと言うと難しいだろう。

ちなみに、先のMIXIもグリーもモバゲーも、会員の90%が携帯からアクセスしている。

こうなると、Facebookも日本での普及の鍵はモバイルにあるのは間違いない。

また、モバイルに関して言うと、2010年はスマートフォン元年となった。この流れは2011年も続き、かなりのユーザーが現在のガラパゴス携帯からスマートフォンに乗り換える可能性がある。

この自体、実は既存のグリーやモバゲーにとっては非常に困った自体となっている、グリーやモバゲーの収益率はFacebookとの規模で比較すると、ダントツで高い、その大きな要因が、携帯コンテンツによる月次の会員課金や、キャリアの代理徴収システムである。

もともと携帯の課金構造は利用料金を河上のキャリアが代理徴収するスタイルのため、課金がしやすいビジネスモデルだった、しかし現時点ではこのモデルはスマートフォンには使えない、今後スマートフォンでもIモードやEZWebに対応してくる可能性はあるが、pcと同様にWebをめぐる事のできるスマートフォンにとって、IモードやEZWebへの対応は無意味に毛が生えた程度のものだ。

現在モバゲー・グリーともに独自課金を急速に進めている。

そんなモバイル環境にあって、Facebookはどうかと言うと、対応はまだまだ遅れている。

スマートフォンのGPS機能を使ったチェックイン機能などは、Facebookとモバイルの親和性の最たるところではあるが、普及の鍵となるキラーコンテンツの「ゲーム」のモバイル対応がFacebookではほとんど進んでいない。

つづく
【Facebook関連記事】

23 3月Facebook使い方 入門

Facebookはアメリカの大学からスタートした
snsです。2004年にマークザッカーバーグと3人の共同経営者によってスタートし、今年で6年目を迎えるサービスです。

現在Facebookのユーザーは全世界で5億人を超えさらに上昇中であり、、日本でのユーザーも確実にふえつつあります。

Facebookでアカウントを制作する際は、下記の操作が必要となります。
1・Facebookのトップペイジにあなたの名前、苗字、メールアドレス、ログイン用のパスワード、性別、生年月日を入力し、神起登録をクリックします。

2・セキュリティーチェックのページが表示されるので、画面に出ているアルファベットの文字列をテキストボックス内に入力して新規登録ボタンをクリックします。

3・すでにFacebookを利用している友達の検索画面が表示されます。
この登録はあとからでもできるので、「スキップする」をクリックして次のページに進みましょう。

4・プロフィール上表を入力する画面が表示されますので、必要な情報を入力して、「保存して実行」ボタンをクリックします。

5・プロフィール写真の設定画面に出ているなりますので、写真をアップロードします。
ご利用のパソコンにカメラがついている場合は、それを利用することもできます、また、写真はあとから登録する事も可能です。

6・Facebookへようこそ画面が表示されていますので、、画面上部のメールをチェックボタンをクリックします、Facebookから、登録メールアドレスの確認メールがおくられてくるので、メール内のリンクをクリックする事でFacebookへの登録は完了です。

Facebookの名前は、アメリカの大学で学生に配られる写真入りの在学者リストからきています。
アメリカの大学生たちは子のリストを見て、顔と名前を覚えてゆきます、それゆえWebサイトのFacebookにおいても名前の登録には実名の登録を求められます。
Facebookの実名主義は厳格で、実名を登録していないユーザーがFacebookスタッフに発見冴えた場合、アカウントを停止される場合があります。

プロフィールの記述
Facebookwも自分のアカウント内の基本データを充実させる事で、様々な出会いや、チャンスの可能性を増す事ができます。
まず、あなたのプロフィールを入力して見ましょう。

Facebook画面上部の「プロフィール」のリンクをクリックすると、あなたのプロフィール画面が表示されます。

1・写真の登録
左上写真の部分にある「写真を選択」のリンクをクリックします。
写真アップロード用のダイアログが表示されますので、あなたの写真をアップロードしましょう。

2・自己紹介の入力
左カラムの写真の下部にある「自己紹介文を書く」ボタンをクリックすると、テキストエリアが縮減します、ここにあなたの簡単な自己紹介を入力して、右上の鉛筆マークをクリックする事で・入力した自己紹介分を保存できます。
保存した紹介文は、そのまましゃしんっかぶに表示されます。
3・基本データの入力
画面中央部にある「基本データ」タブをクリックして、あなたの基本データを入力します、基本データの項目は、下記となります。

・居住地
。出身地・
・性別・生年月日
・恋愛対象
・参加目的
・政治観
・宗教信仰
・経歴
・好きな言葉

なお、子のデータの入力は任意のため、身入力でも問題ありません。

4・学歴・職歴の追加

学歴や職歴を追加する事で、同じ学校や会社のを登録している人をワンクリックで表示かのうとなります、さらに上昇中、卒業年月日や入社年を入力する事で、あなたの顔見知りがいないか、検索する事が用意となります。

5・好きなものと趣味・関心 情報を入力

Facebookでは趣味・関心という項目を入力ことができます。
こちらで入力したキーワードにより、そのままFacebookユーザー共通の関心のページが自動で作成
(すでにそのページがある場合は自動で登録)されます。
たとえば、「ビートルズ」と入力すると、自動的に「ビートルズ」という関心のページが作成され、同じ「ビートルズ」というキーワードを入力しているFacebookユーザーと「ビートルズ」という関心のページをシェアする状態となります。
(mixiで例えると、ビートルズと入力する事で自動的にビートルズのコミュニティにはいるようなイメージです)。

・活動
・趣味・関心
・音楽
・本
・映画
・テレビ

の項目で同じように入力ができます。
6・連絡先情報
Facebookではあなたの連絡先を登録できます。
ただし、この情報はこうかいされますので、プライベート情報の取り扱いには注意してください。

■ステータスの更新
Facebookの主な使い方として、自分のステータスを更新し友達に知らせるというものがあります。

1・今なにしてる?の入力

Facebookログイン後のトップページをニュースフィールドといいます。ここにはあなたの友達が、「今なにしてる?」で入力した内容が表示されています。
ページのトップにある「今なにしてる」を入力すると、自分の記述が友達のニュースフィールドに現れます。

また、「今なにしてる」には写真や動画を添付したり、スケジュールやURLのリンクを追加する事ができます。

また、データ入力後、公開先を指定することが可能です。デフォルトでは友達の見になっていますが、右下の小さな鍵のアイコンをクリックすることで、公開の範囲をしていできます。
公開範囲は
・すべてのユーザー
・自分のネットワークと友達
・友達の友達
・友達のみ
・カスタマイズ
のなかから選択できます。
その後、「シェア」ボタンをくりっくして、記事を公開してください。
■通知設定
Facebookでは、何等かのアクションが起こった時に、メールなどでユーザーに通知する気のがあります。
子の通知設定は、非常に細かく設定する鵜ことが可能です。

1・メニューバーのアカウント設定をクリックします。

2・マイアカウントというページが表示されると、上部タブのお知らせボタンをクリックします。

ここで、メッセージが必要な項目にチェックをいれて、「変更を保存」をクリックして設定内容を保存してください。

■ネットワークの設定
ネットワークとは、あなたが所属している会社や学校の人たちが構成しているコミュニティーで、その団体に所属している人のみが参加でます。

1・ネットワークの表示
ネットワークを探すには、アカウント から、「アカウント設定」を選択し、上部にある「ネットワーク」のタブをクリックします、。

この画面では、今自分が参加しているネットワークが表示されます。

ネットワークを探す場合は、右側にある検索ボックスに学校名や会社名をいれて(日本語;可能)ネットワークに参加」ボタンをクリックしてください。

※ネットワークに参加するには、その団体が持つ共通のドメイン名のメールアドレスを持っていることが必要です。ネットワーク参加申し込み時に、「学校のメールアドレス」に入力したメール宛に確認メールが飛んできます。子のメールで本人確認ができると、ネットワークへの参加が完了します。
ネットワークに参加すると、同じネットワーク内の人のプロフィールが詳しく見えたり、友達が見つけやすくなります。

■友達リクエスト
しばらくFacebookを使っていると、あなた宛に「友達リクエスト」がやってきます。
友達リクエストがくると、ロゴマーク横の友達リクエストアイコンにも表示されます。

アイコンをクリックすると、リクエストしてきた人物の詳細が表示されるので、友達ならば「承認」、知らない人であれば「無視」ボタンをクリックします。
■友達の探し方

1・友達を検索する
画面上部の検索ボックスに友達の名前をいれて検索して見ましょう。

検索結果が表示されるので、結果の一覧から、写真や名前をみて、自分のネットワークと友達知り合いかどうかを確認します。

一覧の名前のリンクをクリックすると、その人の詳細画面を確認できます。

2・友達リクエストを出す。

検索結果のなかに、あなたの友達がいた場合は、友達リクエストを出します。
友達リクエストを出すには、園田値の画面上部にある「友達になる」ボタンをクリックします。

確認のダイアログボックスが表示されると、メッセージを送る場合は、左下の「メッセージをついか」ボタンをクリックしてメッセージを記述したあと、「リクエストを送信」ボタンを押して友達リクエストを出してください。

また、ここでは、リクエストを出す友達を自動的にリストに追加することができます。「リストに追加」ボタンをクリックすると、自分があらかじめ作った友達のグループにリクエストした人を当てはめることができます。
子のグループに対して、プライベートの設定を行うことで、自分の知られたくない事項のコントロールができます。

リクエストの送信をすると、相手側に友達リクエストが表示され、承認されると承認のメッセージが帰ってきます。

■友達を招待する

友達が、まだFacebookのユーザーではない場合、相手を招待することができます。

手順1
検索窓の虫眼鏡ボタンをクリックして、詳細検索ページを表示します。

手順2
左メニューのなかから「ユーザー」を選択して、招待したい相手のメールアドレスを入力します。
すでに子のメールアドレスがFacebookに登録されている場合は、そのまま友達リクエストを行います。

登録されていない場合、友達を招待する為の画面が表示されるので、招待する友達のメールアドレスとメッセージを入力して招待ボタンをクリックしてクリックします。

相手に招待メールが送信され、相手がそのメールを元にFacebook二登録を行うと招待が完了です。

■友達の削除
Facebookで友達を削除する方法はいくつかあります。

1・プロフィールから友達を削除
削除したい相手のプロフィールを表示し、外面の一番したにある「友達から削除」ボタンをクリックします。
確認ボックスが表示されるので、青い「友達から削除」ボタンをクリックして削除完了です。
※友達を削除しても、削除された側には何も通知されません。

2・ステータス更新の非表示

今なにしているや、Twitterのステータスの更新が多すぎて、この人ばかり表示され邪魔という場面はよく起こります。

こんな時に、ニュースフィードに表示されている書き込みの右上付近にマウスを持ってゆくと、「×」(削除)が表示されるので、これをクリックします。
ここで、、発言者のコメントすべてを非表示にする為のボタンや、スパムとして報告ボタンなどが現れますので、「発言者を非表示にする」をクリックすると、その発言者のステータス更新が表示されなくなります。

また、Twitterなどのアプリ全体を非表示とすることもできます。