07 10月htc EVO WiMAX ISW11HT を工場出荷時の状態に戻す

EVOのメモリがいっぱいに

HTC EVOの内蔵メモリは512MBと、ちょっと小さい。
使い始めのうちはあまり気にせずに使えるが、日に日にアプリが増え、さらに今回のandroid2.3へのバージョンアップを行ったところ、空きメモリが40MB前後になってしまった。

さらに、ほっとくといつのまにかアプリの自動アップデートが行われ、ついには「メモリがいっぱいでアップデートに失敗しました・・・」的な警告が表示されてしまった。

このため不要アプリの削除などを行ってはみたが、いっぱいになってしまったメモリの使用量が減る気配があまりない。

このためついに腹を決めて「工場出荷状態に戻す」ことにした。

主に使っているアプリはgmail、Facebook、ジョルテ(googleカレンダー観覧ソフト)、カメラ、winampなどでバックアップが必要なソフトは特にない(winampの曲はPCで管理しているので問題なし)、ただし初期化に伴い自分で追加したアプリは消えてしまうようだ。

初期化は「設定」の「SDカード本体メモリ」のなかの「工場出荷時の状態に戻す」ボタンをクリックして行う。

途中SDカード内のデータを消すかどうかの(SDカードのフォーマット)選択があるので、今回は消さずに行った。

初期化の時間は5~10くらいで完了。

再起動後、googleアカウントの設定を終えるとHTCのデフォルトのテーマが表示され、初期状態に戻った。内蔵メモリの空き容量を見ると350MB位になっている。
まずは成功、状態をチェックしたところ、androidのヴァージョンは2.3とヴァージョンアップされた状態のままで、ヴァージョンアップ時に追加されたAUの au one market や au one-ID設定などのアプリはそのまま残っている。

その他の標準アプリも最新ヴァージョンのままの様なのでwindowsの初期化ほど面倒な作業はなく終了。

電話番号などのデータもgoogleの「連絡先」で管理しているため、ほとんどバックアップの必要が無いのには助かった。これからはクラウドの時代だなとしみじみ・・・・

しかし、アプリに関してはすべて消えてしまうのは不便、今回は無料ソフトしか使っていなかったため特に面倒なことはないが、iphoneのituneのようなPCへの同期・バックアップソフトがある方が便利だと思う。

29 4月HTC EVO 使い始めて1週間経過したレビュー

HTC EVOを使い出してから、一週間が経過した。まず、機械の名前が、[エヴォ]とばっかり思っていたら、イーヴォだったことが判明、個人的にはエヴォのほうがかっこいいと思うのだが、いかがだろう。
さて、使用後一週間以上経過したレポートをお送りする。
よく言われる電池に関しては、今のところ結構実用に耐えている。通常デスクワークのため電池が減ればすぐにでも充電できる環境ではあるが、休日充電なしでもWIFIや、wimaxをオフにしていれば、普通に使用していて日がたかいうちに電池が切れるということは今のところない。(朝一で充電100%の状態で、wimaxオフ・wifiオンの状態でメールやwebを時々見た時の電池の減りは午後2時の段階で残り68%だった)
この機種一番の売り機能であるテザリングにかんしてだが、これはもう快適以外の何者でもない、Wifi、wimax圏外のau3g回線でも、Webを見る程度ならば、一呼吸、二呼吸遅れる感じはあるが実用には十分に耐える体感速度と言える。なんといってもいつでもWEBにつながるという安心感は絶大だし、毎日充電するのはめんどくさくて普段スイッチをオフにしているwifiルーターと違い、スイッチは常にオン状態と、毎日まめに充電する携帯ならではの利点がある。
もうひとつの売りのwimaxに関しては、残念ながら田舎ではあまり使い物にならないようだ、感度が鈍いのか電波が弱いのか不明だが、全然繋がらない、これに関しては都市部では恐らく問題ないのだろう。

さて、ちょっと参ったことがある。
今まで記事はiphoneとminibluetoothキーボードというbluetoothキーボードを使って入力していたのだが、Androidではbluotoothキーボードはデフォルトではサポートしていないことが判明、その上Bluetoothキーボードを使うためのAndroidアプリ「bluekeyboard」が、なぜかHTC EVOにインストールできないという現象も手伝って、いまだにキーボードをじっそうできていない。
そのほかblueinput、blueなんとかなど、いろいろと試してみたがまるでだめだ。この原稿はソフトウェアキーボードを使用してかいている、画面が大きいためiPhoneと比較すると格段に打ちやすくはあるが、やはりキーボードほどのスピードはは出ないため、今後の対策が必要だ。

そういえば感心したこととして、アップルのiTuneストア同様GoogleにもWeb上にAndroidマーケットがあるが、PC経由でアプリをインストールする際、iphoneのようにケーブルを端末につなぐ必要がない、無線の通信でアプリのインストールが可能、なんだか未来っぽくてすごい。

先程もちょっと触れたが、HTC EVOの液晶サイズは4.3インチとiPhoneよりふたまわりくらいおおきい、使って見た感じ、このサイズは絶妙であると思う。
普通のWebページを表示してもかなり読めるし、小さな画面を目を凝らしながら見る感覚もない、本体の大きさもそれなりに大きくはなるが、背広のうちポケットに入れていても感覚はiphoneと変わらない。
このおおきさであれば、ipadは必要ないような気がしてくるほどだ、今後のスマートフォン基本サイズは4.3インチになるかもしれない。
この機種でもう一つとても気に入っているポイントがある。それは電池カバー!カバーを外すと真っ赤な本体が現れる、これがかっこいいのなんのって、(赤好きならば)これだけでもこの機種を買う価値があるのではないか

HTC EVO

つづく

20 4月HTC EVO がすごくいい件

HTC EVO がすごくいい。
いままでiPhoneを使っていた、孫さんもスティーブ・ジョブズも大好きだが、何せ田舎のため電波が悪すぎる。

会社への通勤中、ネットが遅いどころか圏外になるスポットも3~4カ所はある。

それでも1年6ヶ月くらい使っていて、それなりに満足していた。

事の起こりはipad2だ。
iPhoneそのものは機械としてすごくよくできているし、アプリの充実度も申し分ない。
だけどipad2がほしい!
ほしいと思い出すと、もう本当にほしい。

しかし、大きさが違うだけの同じ様なものにダブルで通信料を払うのもできれば避けたい。

iPhoneのデザリング使えればいいのに!
とよっぽど”脱獄”しようかとも思ったが、でもなぁ~~~と思いとどまる。

と、そんなところにポッときた HTC EVO

WIMAX&テザリング携帯  もうこれだけでOKです。
その上液晶サイズは4.3インチとかなりでかい

購入まえ気になっていた重さやでかさは、使ってみたところ全く気にならなかった
※iPhoneは約138g EVOは170g

購入前、気になった点として、画面のレスポンスがある。

iPhoneに関しては画面タッチのレスポンスには定評があるとおり、とても自然で全くストレスを感じさせない、それがandroidになった場合どうなのか?

いじいじしてしまうのか!? と思っていたが、使った感じ、これも問題無かった。

確かにiPhoneに比べると気持ちレスポンスは劣るが、これも慣れれば気にならない。

ちなみに、iPhoneの下取り価格の高さはさすが、現時点で3gs16GBのiPhoneの買い取り価格は最高で23000円、査定で幾分落ちたとしても19000~18000円くらいにはなりそうだ。

ただし、下取りに出すためにはローンの支払いが終了している必要がある。
これには参った。すぐに下取りに出そうとソフトバンクに残金の支払いに行くと、次回の引き落としの時の一括になるという。

締め日は10日なのに、下取りを決意したのが14日だったために支払は次回の締め後のさらに引き落とし日、今日が4月18日ならば締め日は5月10日、代金の引き落としは6月7日頃となる。その上支払をクレジットカードにしていたため、さらに支払日が延びて6月27日にならないと残金を支払えない!

こんなに払いたくってしょうがないのに、払えないとはどういうことだろう・・・

それまでにiPhone5が発表されないよう祈る。

ちなみに残高は19800円、2年縛りの途中解約は9980円かかりナンバーポータビリティーの手数料が2100円でソフトバンクへの支払が31880円となるが、AUの新規契約のキャッシュバックが5250円、iPhoneの下取りが19000円とすると、7630円で移行できたことになる。
まあ、安い方だろう。

で、本題のEVOだが、本当にいい

まず、回線がいい!
田舎でも全然つながる、EVOの回線速度は交渉3.1MBでソフトバンクの7MBよりも遅いのだが、実際YOUTUBEなどを見てもソフトバンクよりも早く感じる。

そして、WIMAX! これはつかえね~~  田舎だから・・・
都市部に出てもつながったりつながらなかったり まぁこれはこれからに期待しよう。

androidだが、これもまぁいいかな。
IOSとは似ているようで全く異なる。使い勝手は全然違う。
大きな違いとしては、ユーザーだできる設定が非常に細かい。
パソコンに精通している人にはIOSよりもおもしろいとおもう。

動くアプリケーションもパソコンのソフト的な印象。
IOS的なわかりやすさはないので、これは好みの問題、ただし、アプリの充実度では
iPhoneにはまだまだ全く及ばない。

液晶画面はでかい、android端末もいろいろあるが、その中でも最大級のでかさ。
解像度はあまり変わらないが文字の表示はパソコンに近く、小さな文字を目をこらして読まなくてもいいのが良い。
実際、これだけでかければipad2はいらないような気がする。

そして、テザリング!すてきだ!設定も簡単、どこでもネット環境を携帯料金だけで手に入れられる気安さは他の機種にはない絶対的な優位性だろう。

ドコモテザリング解禁は目前だが、一説によるとテザリング契約の場合は1万円をオーバーするという。また、wimaxもKDDIならではのサービス!優位性はしばらくは続く。

データの移行だが、これはgoogleのサービスをiPhone時代から使っていたため、驚くほど簡単にできた。移行タイム5秒。

もうこれからはデータはクラウドの時代だねぇ~

音楽データの移行だが、これはHTCのサイトからHTCsynというソフトをダウンロードして使う。このソフトを使うとituneに登録している音楽をシンクロしてandroid端末に転送できる。

早速使おうとすると、エラーで端末を認識しない、どうやらAdobe AIRアプリをandroid側にインストールしておかないと行けないことが判明し、無事シンクロ完了。

ちなみに電池の持ちはiPhoneと比べるべくもなく悪い。

HTC EVO 使い始めて1週間経過したレビュー