Archive for the 'ホームページ作成' Category

24 10月123アナライザーを試してみた。

すごいサービスが開始されたので、ちょっと紹介しておこう。

サービス名は「123アナライザー」(http://www.123analyzer.jp)という。
名前だけでは何のサービスか全くわからないが、このサービス本当に画期的なものだ。
では何なのかをいうと、「被リンクの解析サービス」である。

「な~んだ」と思われる方も多いとおもうが、なぜ画期的なのか?

まずは被リンクと聞いてもなんだかわからない方に説明する。
被リンクとは自分のページにたいして、リンクを張ってくれているホームページのことで、SEOでは自分のページのことを「被リンク元」リンクを張ってくれているページのことを「被リンク先」と言ったりする。

この被リンク先ページを知ることが、SEOにとっては非常に重要なこととなる。

ではなぜ重要なのか説明していこう。
自分のホームページの検索順位を上げる場合、大きく分けると2つの手法をとる必要がある(SEOという)。

一つは「内的SEO」と呼ばれる手法で、ホームページのHTMLソースを検索エンジンに最適化したり、文中に上位表示を狙うキーワードを折り込む手法で、ホームページ制作の基本とも云える。

もう一つは「外的SEO」と呼ばれ、自分のホームページにたいして他のホームページから多くのリンクを張ってもらい、検索順位を上げる方法である。

SEOに明るい方ならば説明は不要だが、なぜ自分のホームページにリンクを張ってもらうのかをちょっと解説する。

現在日本での検索エンジンのシェアは98%googleが握っていることはご存じだろう(※2010年12月よりyahooもgoogleの検索エンジンを使用中、現在はyahooもgoogleも検索順位は同一で変わりはない。)。

googleで順位を上げる上で最も重要なのが「被リンク」となる。
乱暴な言い方をするならば、googleは「人気投票集計マシーン」の様なもので、その人気をはかるバロメータが被リンクの数となる。当然”より”多くリンクされているホームページがより上位に表示されることとなる。

もちろん被リンクの数だけで順位が決まるわけではない。
リンクと同様に重要なのが「ページランク」である。

ページランクとはgoogleが独自にそれぞれのホームページ振り付けている「そのホームページの影響力の指標」で、ページランクの高いページからリンクを受けるのと、ページランクの低いページからリンクを受けるのでは、おなじ”一つのリンク”でも、その結果には大きな差が生まれることになる。

たとえば、日経新聞(ページランク7)のホームページからリンクを一つもらうのと、友達のブログ(ページランク1)からリンクを一つもらうのでは、検索順位に遙かな差が生まれてくる。

このように、自分のホームページの検索順位を上げるうえで最も重要な要因が「被リンクサイト」である。

「でも、そんなのgoogleやyahooでもlink:~で、しらべられるじゃん?」と思われる方も多いかもしれない。

link:(リンクコロン)とはgoogleやyahooの検索窓に、たとえば「site:http://www.yahoo.co.jp 」などと入力することでgoogleやyahooのロボットが認識している各サイトの被リンク情報を調べることができる検索方法であるが、残念ながら、googleはこれで検索しても、ほんの一部の情報しか表示されず、まり役に立たない。
yahoo japan もサイトエクスプローラーという被リンクを検索する仕組みがあったが、2010年11月時点でこのサービスを終了した。現在唯一被リンク情報を提供していた米yahooもこの数ヶ月以内に被リンク情報サービスを停止する。

もちろんこれら以外にも、googleのウエッブマスターツールで被リンク情報を調べる方法や、海外の類似サービスもあるが、「googleのウエッブマスターツール」ではライバルサイトの被リンク情報は取得することができないし、海外サービスも英語の壁がある。

SEOをする上で、ライバルサイトの被リンク情報をしらべることは事情に重要な意味をもつ。
たとえば狙っているキーワードで上位表示されているサイトの被リンク数や、被リンク先をしらべることで、「このくらいの被リンク数が必要」とか「このくらいのページランクのサイトからの被リンクが有効」などという自分が上位表示したいサイトの外的SEOの基準を知ることができる。

つまり、現状の自分のサイトとライバルサイトの被リンク情報の数や質を比較することで、客観的に自分のサイトが今後必要な対策を検討することができるようになる。

と言う風に「被リンク」について長々と書いたが、要は現時点でほとんど被リンク情報を入手できなくなっていたが、全く新しいところに「被リンク情報」を入手できる突破口が開いたと言うことになる。

ただし、この123エクスプローラーであるが被リンク情報は「majesticSEO」から入手しているため、ここで認識されている被リンク情報がgoogleも同様に認識しているとは限らない事には注意が必要となる。

さて、具体的に登録してみてみたのでレポートする。

123エクスプローラーには無料登録と有料登録が有り、当然ながら無料の場合は機能制限を受ける。ただし、基本的には使用可能なのでまずは無料で試してみる。

無料アカウントの場合の制限数は下記となるようだ。

■123アナライザー
http://www.123analyzer.jp

ベーシックレポート 1件/月
プロフェッショナルレポート 1件/月
解析被リンク数 1,000件/月
被リンク数 (ベーシックレポート) 100件/月
被リンク数リスト 20件/月
表示可能件数 1,000件/月
解析ドメイン数 10件/時間
最大被リンク数 5件/時間

まずはそれぞれの機能で何ができるのかレポートする。

■123エクスプローラー
「123アナライザー」の代表的な機能、検索窓にドメインを入れて検索すると
「被リンクドメイン数」や「被リンクURL数」「被リンク数グラフ」「被リンクURL解析結果」「被リンクドメイン解析結果」「サイト内URL解析結果」などの一覧を表示する。
とくに「被リンクドメイン数」内では IPアドレス数・クラスC数・サイト内URL数をそれぞれ表示する。(これはSEO上非常にありがたい)

123エクスプローラーでは検索したホームページの被リンク先を検索可能だが、残念ながら無料プランでは5件までしか表示されないようなので、バリバリ調査するためには「シルバープラン 2,980円/月(税込)」の契約が必要だろう。
※ただし、無料で試用できる「レポート機能」を使うことでもっと詳しい情報を入手可能となるが無料プランの場合レポートが作成できるが「ベーシックレポート」「プロフェッショナルレポート」ともに月1件のみとなるため、趣味や自分のホームページのみの分析ならば無料、ある程度仕事に使うならば「シルバープラン」と言ったところになるだろう。

※ベーシックレポート:このレポートでは、被リンク元URL、被リンク先のURL、アンカーテキスト、リンク元のACランク、リンク元の種類、クロールした日付を確認可能

※プロフェッショナルレポート:このレポートでは、ベーシックレポートで確認できるデータに加えて、被リンク数グラフ、被リンクサイトのサーバーが設置されている地域、アンカーテキスト、サイト内URL、IPアドレス、クラスC、被リンクのACランクを確認可能

※自分のサイトを検索してみた。

■被リンク数グラフ
「被リンク数グラフ」は検索したいドメインの被リンクの推移をグラフで表示し、被リンクの年月の推移が視覚的に把握できるツール。

一度に5ドメインまでを一括で検索比較できるため、それぞれのドメインの被リンク数を一見で比較できる。

■IPドメインチェック

「IPドメインチェック」はおなじIPアドレス上にあるドメインを検索できるツール。
また、検索結果の表にはドメインごとに被リンクドメイン数や被リンクURL数を表示する

■被リンク数リスト
「被リンク数リスト」では検索したドメインの「ドメインの種別 / ACランク」「被リンクドメイン数」「被リンクURL数」「IPアドレス数」「クラスC数」を表示する。
一気に5ドメインまで検索可能なので、自分のホームページとライバルサイトのドメインを一括で検索・比較が可能となる。

■クリークハンター

「クリークハンター」は複数ドメインを入れて検索し、それぞれのドメインに共通した被リンク先があるかどうかを調べてくれる。

ざっと機能を紹介したが、メインとなる機能はやはり被リンクサイトの調査になろう。
今までは無料で手に入れられていたデータが有料になるのは若干に痛いところもあるが、有料な分このデータは今まで以上に貴重かつ重要なものとなるだろう。

20 7月google+(グーグルプラス)に登録してみた感想

google+(グーグルプラス) をはじめた。

現在試験運営中というが、すでに1000万ユーザーを突破したらしい、(ちなみに現在の男女比は9:1で男が多いらしい)

http://www.gizmodo.jp/2011/07/googleplus_users.html

最初の印象は、「できることあんまり無い?」という感じ。
Facebookページのような法人ページがない?(あるかもしれないが)上にFacebookのような強制的な友達紹介も無いため、友人を登録していない現在ではまだ、あまりすごさは伝わってこない。

メニューにあるのは「ストリーム(友だち・知人フォロー中・家族・親戚・仕事・サークル外から・お知らせ)とSparks」の2つでストリームがFacebookで言うところの「ニュースフィールド」となる。

Sparksは自分の関心あるキーワードが登録できて、登録したキーワードはメニューに登録され、クリックするとgoogleの検索結果のような検索結果が表示される。

google+で最大の特徴は「サークル」となるだろう。
サークルとはgoogle+最大の特徴で、自分の人間関係を「友達」や「知人」「仕事」「家族」と言った具合に細かく設定できる。
設定後は記事の投稿時にその記事の公開範囲をサークルごとに設定できるため、プライペートな事は仕事関係には公開しないとか、友達だけで秘密の話も可能となる。
サークルへの登録は簡単でサークル登録画面を開くと、自分が招待した人物や、自分のgmailに登録されている人物の一覧があらかじめ表示され、それを各サークルにドラッグアンドドロップするだけでOK(HTML5すごい!)、動きもクールでとてもかっこいい。

あと、ビデオチャット機能、Facebookでも同様の機能が発表されたばかりだが、google+でも友達と簡単にビデオチャットが可能となる。
使い方は超シンプルで使い勝手も良さそうな感じ、Facebookも導入したところを見ると、これからのSNSのトレンドはビデオチャットが本命なの?とも思える。

もう一つの本命機能がgoogle+1(グーグルプラスワン)
googleにログインした状態で、google検索結果の横にあるプラスワンボタンをクリックすると友人に伝わる(これはFacebookのいいねボタンとおなじ)機能の他、google検索をする際、自分の友人がプランワンボタンを押したサイトがあれば、それがgoogleの検索結果に反映される。

この機能は魅力的で、「友人SEO」ともいえる機能で、今後は検索結果で1~2位のサイトよりも6~7位の友人がプラスワンボタンをクリックしているサイトの方を積極的に見られるようになるかもしれない。

現在でもメンターがブログでサイトを紹介し、そのサイトが人気になることは多いが、今後は検索結果にメンターのお気に入りページが表示されるなどのことが起こるため、google+で大量の友人を持つことで自分のサイトへの誘導がより手軽に行えたりと、友人数が多ければ多いほどgoogle検索上での影響力が大きくなる可能性がある。
(現在最大の友人登録数は不明)

興味ある人は上のお問い合わせフォームで「google+招待希望」と書いて送ってくれれば招待します。

21 4月予定に基づいたメンテナンスを行っているためしばらくの間ご利用できません。少し間をおいて再度確認してください の時の対処法

wordpressで作業中「予定に基づいたメンテナンスを行っているためしばらくの間ご利用できません。少し間をおいて再度確認してください」と

表示されたまま直らなくなった場合、FTPで接続して、 .maintenance と言うファイルを削除!

30 3月Facebookは日本ではやるのか? その1

 

多くの人が気になっているテーマだろう。

全世界でのユーザー数が5億人を超え、まだまだペースは鈍っていない。中東の革命を引き起こすなど、影響力も絶大で、アメリカではほとんど全国民がFacebookのアカウントを持っている。

アメリカで起こる事は、必ず日本でも起こるという言い伝えもある。

たしかに2011年は日本でのFacebook元年でもあった。東日本大震災ではFacebookやTwitterの持つ情報伝達能力に改めて便利さを実感した人も多い。

否定的な意見も良く目にする、中でもよく言われているが、実名主義のFacebookは日本の風土には合わない、というもの。

対象的な存在である2チャンネルとの比較だろうか、それともこの主張を繰り広げているのが等の2ちゃんねるユーザーだからだろうか。

この意見に関しては、まぁ当たっている部分もあるにはあるが、Facebookをやらない決定的な要因にはならないのではないだろうか。

Facebookが日本人にとって、実名で使用する事のハードル以上の魅力さえあれば、大きな生涯にはならないと思う。

では、現状日本でFacebookが今ひとつ乗り切れていない原因は何か・?

一つには日本語対応に時間がかかり、ようやく最近になって、完全に日本語対応ができた事があげられる。

ほんの一年前まで(2011年3月28日現在)まるで日本語対応ができていなかった、アプリやゲームに関してはまだまだ英語表記が多く、言語のハードルは高い。

3月になってかなりFacebookが盛り上がってきた背景として日本語対応できた事は大きい。

ちなみにユーザーインターフェイスがちょっとわかりづらかったり、いいねやシェアの概念が最初は理解しにくいというのはたいした問題でなく、慣れが解決してくれる。

では、言語のハードル以外で何がFacebook日本普及の障害となっているのか?

ここで一つポイントとなるのは、どの程度の会員を持つと普及したと言えるのか、という事。

日本普及の最大規模のMIXIもグリーもモバゲーも会員数は2千万人前後である。このラインまでFacebookがいくかどうかとなると、おそらくいくと思う。

しかし、アメリカのように全国民がアカウントを持つまでに至るかと言うと難しいだろう。

ちなみに、先のMIXIもグリーもモバゲーも、会員の90%が携帯からアクセスしている。

こうなると、Facebookも日本での普及の鍵はモバイルにあるのは間違いない。

また、モバイルに関して言うと、2010年はスマートフォン元年となった。この流れは2011年も続き、かなりのユーザーが現在のガラパゴス携帯からスマートフォンに乗り換える可能性がある。

この自体、実は既存のグリーやモバゲーにとっては非常に困った自体となっている、グリーやモバゲーの収益率はFacebookとの規模で比較すると、ダントツで高い、その大きな要因が、携帯コンテンツによる月次の会員課金や、キャリアの代理徴収システムである。

もともと携帯の課金構造は利用料金を河上のキャリアが代理徴収するスタイルのため、課金がしやすいビジネスモデルだった、しかし現時点ではこのモデルはスマートフォンには使えない、今後スマートフォンでもIモードやEZWebに対応してくる可能性はあるが、pcと同様にWebをめぐる事のできるスマートフォンにとって、IモードやEZWebへの対応は無意味に毛が生えた程度のものだ。

現在モバゲー・グリーともに独自課金を急速に進めている。

そんなモバイル環境にあって、Facebookはどうかと言うと、対応はまだまだ遅れている。

スマートフォンのGPS機能を使ったチェックイン機能などは、Facebookとモバイルの親和性の最たるところではあるが、普及の鍵となるキラーコンテンツの「ゲーム」のモバイル対応がFacebookではほとんど進んでいない。

つづく
【Facebook関連記事】

29 3月Facebookをビジネスで使う方法 その6

ビジネスをする上で定期的な課金ビジネスを考えることは重要なファクターと言える。

さて、これらを踏まえた上で、このバイク屋がFacebookを使って売り上げを伸ばすにはどんな方法があるのか。

まずはホームページ、これはあったほうが良い。
FacebookページのみでもWeb展開は可能だが、整理された情報を段取り良くお客に見せるにはFacebookページよりもホームページのほうが優れている。

どんなホームページがよいのか?
一番重要なのはここだ。Webを使ってどんなホームページがお客さんにどんな商品を、どんな風に販売するのか、この基本コンセプトをつくることがだいい一歩だ。

このバイク屋の場合、まず学生向けの原チャリの販売ページはダメだ、特徴の出せない商品を需要の少ない市場に売り込むのは自殺行為である。

やはりここは利益の取れる大型バイクの販売で顧客を獲得することを一番に考えたい。

大型バイクというのは、そう売れるものではないが、どこにでも売っているものではない、大型バイクを本気で売ると決心したならば、今度は大型バイクを販売する上での自店の強みを考えてみる。

例えば
・今までにこんなバイクを●台販売した。
・たしかな技術力をもちろん、これまでにこんなカスタマイズを行った。
・いま店長はこんなバイクをバイクに乗っている。
・当店はこんなポリシーでバイクを売っている。
・年数回行っているツーリング旅行や走行会が大変好評なこと

公官庁の車両の整備を請け負っているということも、もちろんアピールポイントとなる。
(ただしこれはアピール出来ればの話だが)

さぁ、自分で考えて、自店の強みを書き出してみたら、今度はお客さんに「なぜうちで買ってくれたのか?」を訪ねてみよう。

そして、お客さんはこんなことを言ってくれた。

「最初は店長の人柄で買ったんだけどさ、カスタマイズするにも、店長の豊富な知識ときめ細かいテクニックに惚れて、もうよそでは買えないなぁ」

「ここの店はマニアックな中古車が多くてさ、みていて楽しんだよ」
「一緒にツーリングに行く仲間だからね」

などの声が集まった。
これら自他から集めた情報を元に、自店の強みは何か、どんなものを中心にWebで訴求するかを考える。

その結果、「ビックバイクの品揃えでマニアも納得の品揃えとアフターケアを約束します。そして一緒にツーリングに出かけよう」

というチャッチフレーズでWebページを作成することとなった。

つぎに絞り込むのは、対象となるお客様である。

1・ビックバイクに興味のある方
(男性の比率が非常に高いが、ここはなんとか、数少ない女性も引き込みたい。)
2・ビックバイクユーザーまたはその予備軍

3・ある程度お金を持っている方

4・国産のビックバイクが好きな方

5・自社サービス地域内にお住まい、もしくは自社への来店が容易な方。

ターゲット客は以上5つの条件で絞りこむこととした。

つぎにホームページ全体の方向性については、

1・お客様にオートバイを通したライフスタイルを提案する。
2・お客様のバイクを積極的に掲載する。
3・ツーリングレポートや走行会の様子を積極的に掲載する。
4・ユーザーの声を動画で紹介する。
5・自身のある技術力をアピールする。
中古車情報はこのホームページには掲載せず、あくまで、ライフスタイルの提案に絞る

という方向でホームページを作成したとする。

ここでやっとFacebookページの登場である。
Facebookページ作成のコンセプトももちろん「ビックバイクを通したお客様へのライフスタイルの提案」であるため。

ターゲットとなるユーザーはいろいろといるが、まずは「自社商圏内の見込み客」を中心としたFacebookページを作ってゆく。

見込み客とは、現在はビックバイクを持っていないが、非常に興味のある方々となる。
この人たちに抜けて、バイクがあると、こんな風に生活が変わるよ!という提案を投げかけてゆく。

具体的には、まずはユーザー同士の掲示板での交流やユーザーのバイク紹介、そしてなんと言っても効くのが、既存脚がバイクのある生活について楽しそうにしゃべっている動画の掲載(Facebookページはそのままでは、動画の掲載はできません、掲載方法はまたあとで。)であろう。

そしてもう一つ必須なのが、見込み客となるはずのいまFacebookページを見ている人から「名前とメルアド」をゲットする仕組みである。

考えられるものとしては、
1・中古車情報のダウンロード
2・メールマガジンの登録

などがあるが、他にもステッカープレゼントとか、秘密のカスタマイズ情報とか、客さんが欲しがりそうな情報をうまく準備する事が重要となる。

お客様に提供する情報ができたら、あとはFacebookページに名前とメルアドの登録画面をつけて、流せば終了である。

とはいえ、Facebookページを作ったからと言って、すぐには人は集まらない。
まずは広告を作成し、Facebookないで自社Facebookページの宣伝を行おう、そして、ある程度、広告を通して「いいね」が溜まってきたら、そのあとがFacebookの本領発揮となる。。

あなたのFacebookページは口コミパワーにより様々に伝播されてゆく。

【Facebook関連記事】