Author Archive

15 12月google+ビジネスアカウントの作成方法と活用方法

google +のビジネスアカウント作成ページが変更になっていたので修正記事をアップ

まずは下記URLにアクセスして、これから作成するビジネスページの分類を選択します。

https://plus.google.com/pages/create

 

c1

 

今回は私が管理している「山田方谷マニアックス」というページのgoogle+ページを作成してみます。

歴史の偉人というカテゴリがないので、「団体」のカテゴリを選択してみました。

プルダウンで、自分のホームページに該当する分類を選択します。

c2

 

「google+ページ作成」というページになるので、新しい「google+」ページのタイトルとURL,ページの対象者を選択して「次へ」ボタン

c3

 

これで一応google+ページは完了ですが、これだけではいろいろと不十分です。

まずは「使ってみる」ボタンをクリック!

c4

 

 

したの赤枠の「プロフィール写真を追加」からプロフィールの写真を追加します。

この写真は、「山田方谷マニアックス」がgoogleの検索結果として表示された際に「著作者」として、検索結果内に表示されるので、必ず入れましょう。(※顔の写っている物)

c5

 

 

アップロード方法は画面に沿って進めるだけ

c6

 

c7

c8

 

写真アップロードご、背景画像もアップロード

c9

 

電話番号と、番号の公開範囲を入力、

c10

 

このページの紹介文を入力

c11

 

キャッチフレーズを入力

c12

 

これで、66%準備完了です。

c13

 

 

このあと、blog「山田方谷マニアックス」が自分の所有であると認証作業が必要です。

c15

 

「ウエッブサイトのリンク」のリンクをクリックすると、下記のようにソースが表示されます。

このソースを自分のブロクに張って認証を行います。

c14

 

 

ただし、googlewebマスターツールに自分のサイト(今回は「山田方谷マニアックス」)を登録していないと、「サイトのホームページにコードが追加され、変更後のホームページがサイト上で稼働していることを確認してから、もう一度テストしてください。」というエラーメッセージが表示され、この先に進めません。

WEBマスターツールへの登録を「https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja」から行った上でもう一度試してみてください。

 

c16

17 12月WordPress3.5の画像追加方法

WordPress3.5では写真などの画像ファイルをまとめてアップロードする機能が追加されました。

1. メディア追加の方法
2. 赤枠の「メディアを追加」ボタンをクリック

新規投稿を追加 ‹ おいでませ健康ランド — WordPress-100122

3.画像のようなウインドウが開くので、中央部の「ファイルを選択」ボタンをクリック
新規投稿を追加 ‹ おいでませ健康ランド — WordPress-100145
3. ファイルの選択画面がひらく。ここで複数のファイルをまとめて選択可能。
4. 選択したら右下の「開く」ボタンをクリック
a

5. 選択した画像すべてがサーバーにアップロードされます。
6. 次に右したの「添付ファイルの表示設定」で画像をどういった状態で表示するか選択します。
※「リンク先」の設定項目(画像をクリックしたときの動作を設定できます。)
・カスタムURL・・・自由にリンク先を設定できます
・添付ファイルのページ・・・画像ファイルのあるページをリンク先に設定します
・メディアのURL・・・画像本体へのリンクです。
(アップロードするファイルがPDFなどでリンクをクリック後ファイルを開く必要があり場合はこれを選択します。)
・なし・・・画像にリンクは張られません。

7. 一度にアップロードした画像の中から、2枚のみ、3枚のみページに掲載といった使い方も可能です。
この場合、キーボードのシフトボタンを押しながら掲載したい画像上をクリックすると、複数選択が可能となります。
新規投稿を追加 - おいでませ健康ランド - WordPress

7.すでにアップロードされている画像から表示する画像を選択する場合は赤枠の「メディアライブラリ」のタブをクリックして表示する画像を選択してください。

2 - WordPress

29 11月Custom Post Type UI のまとめ カスタム投稿の設定方法

 

カスタム投稿を使ったページを作るときに、いろいろと時間がかかったので防備録とまとめ。
ワードプレスでは通常のブログとは別に「カスタム投稿」という「ブログ内に別の独立したブログを設置」できる機能があります。

「Custom Post Type UI」というプラグインを利用することで簡単に「カスタム投稿」の利用はできますが、設定にちょっと癖があるのでまとめておきます。

今回は通常のブログの他に、「企業紹介」というコーナーをカスタム投稿で設定します。
【カスタム投稿の設定方法】
1.Custom Post Type UI をインストール

2.Custom Post Type UI 「Add New」にアクセス

3.投稿タイプ名に「company」(ここはアルファベット)、ラベルに「企業紹介」(この部分がページ上に表示されます。)と入力

4.赤枠の「Advanced Options」をクリックして「Has Archive」をTrueに設定。
※Custom Post Type UIにはカスタム投稿のアーカイブ(一覧表示)をする機能があります。この機能を使用するには「4」の設定が必要です。

 

これで設定完了です。
ダッシュボードの左メニューに「企業紹介」のリンクができていると思います。

カスタム投稿の一覧表示を確認するのは下のように入力します。
http:// ドメイン/company/ ← 今回投稿タイプ名に「company」と設定しているので。
つづいてカスタム分類の設定方法です。

【カスタム分類の設定方法】

1.Custom Post Type UI のAdd New」にアクセス

2.右側の「分類名」に「company_cat」、ラベルに「企業紹介カテゴリー」と入力。

3.「Advanced Options」を開き「階層」にtrueを設定します。
※「階層」にtrueを設定しないと入力したデータはタグの扱いになります。
【カスタム投稿の表示方法】

1.トップページにカスタム投稿へのリンクを設置する方法です。今回は「外観」の中にある「メニュー」を使います。

2.メニュー にアクセスし、「カスタムリンク」に「http:// ドメイン/company/ 」と設定します。

3.このままデフォルトの場合、「archive.php」というテンプレートを使い、データが表示されます。

4.一覧表示をデフォルトとも違うものにしたい場合はテンプレート内に「archive-company.php」という名前のテンプレートを設置します。(後は自動的にシステムがそちらのファイルを参照するようになります。)

5.同様にシングル表示も専用に変更したい場合は「single-company.php」というテンプレートを作成します。(後は自動的にシステムがそちらのファイルを参照するようになります。)

【カスタム分類の表示方法】

1.まずカスタム分類に通常と同様カテゴリーを入力します。

2.トップページへの表示方法はこんな感じ
<?php wp_list_categories(‘taxonomy=company&orderby=id&title_li=’); ?>

3.一覧表示にオリジナルテンプレートを使いたい場合は「taxonomy-company.php」というテンプレートを制作します。(後は自動的にシステムがそちらのファイルを参照するようになります。)

 

07 8月インサイトからみたFacebookのアクセス分析

Facebookページへの集客方法と検証

こんにちはハレハメイドの石井です。
暑い日が続いていますね、さてご存じかもしれませんが私は郷土の偉人のホームページを運営しており、その流れで郷土の偉人のフェイスブックページも運営しています。

現状BLOGにFacebookページにといろいろ投稿をするのも大変なのでFacebookページに関しては「RSS Graffiti」を使ってRSSをFacebookページに転送するのみの運営でした。

しかし、すでに世はSNSの時代です。
口コミでの情報伝播など、いろんな事を考えると今後の主流はSNSにならざるを得ないでしょう。

そこでこのFacebookページも本格的に運営してみることにしました。

現在のFacebookページの概要としては下の様な感じです。

【基本データ 平成24年7月17日現在】
いいね 82件
週に1~2度更新、更新内容は新聞記事のシェア、更新ブログのRSSデータなど

7月17日より、
1.毎日記事を投稿する(土日を除く)
2.記事はすべてオリジナル
というかんじで毎日Facebookページに記事を投稿しました。

さて、毎日記事の更新をはじめて2週間が過ぎた現在の状況ですが、

【8/6日現在の概要】
いいね 90件 (8件・11%増加)
全体の男女比は男81.1% 女18.9% で圧倒的に男が多く、ボリュームの年齢層は45~54才が34.5%で一番多くなります。

トータルでの「いいね」の地域分布は65%が東京都と東京が圧倒的に多くなりました。
これはフェイスブックのユーザー分布が圧倒的に東京に集中している事を考えると当然の結果でしょう。

7月17日から毎日記事を投稿すると、下のグラフのようにみるみるリーチ数(投稿を視た人の数)が増えていくのがわかります。

投稿をはじめる前の一日の平均リーチ総数が110人前後ですが、毎日オリジナルの記事を投稿すると、約10日後にはリーチ総数が1300件と約12倍に跳ね上がりました。

この数はリーチの総数なので、当然記事が多い方がリーチのグラフも多くなりますがそれにしても劇的なのびを見せる結果になりました。

またこのグラフでは7月31日を境にリーチ数が減少し、7月31日までのリーチが1200件あったものが8がち1日には870件まで落ちています。(原因は調査中)

8月6日時点でいいね数は90件、もし投稿に90名すべてが「いいね」した場合、マックス16,388名の人に記事が配信されることになります。逆にいいねされなかった場合最高でも90件しか表示されません。
ちなみにFacebookページへの投稿は、このページにいいねしてくれている人のニュースフィードに表示されますが、90人すべてのニュースフィードに表示あれるわけではありません。(エッジランクを参照)

ページを「いいね」した人のニュースフィードに表示される物を「オーガニック」といい,「いいね」した人の友達のニュースフィードに表示される物を「クチコミ」といいます。
一般的に良く「いいね」やコメントをしてくれる人のニュースフィードには書き込みの「オーガニック」表示がされやすくなり、逆にアクションの少ない人のニュースフィードには表示されにくくなります。
私のページの場合、「オーガニック」による表示は記事平均55件くらい、ですが「クチコミ」での表示はばらばらで「いいね」や「シェア」(特にシェア)が多いほど倍々でリーチ数が増えて行きます。

 


記事別にリーチ数を検証して明らかに言えることが一つあります。

良い写真の記事はリーチが伸びる!

これは間違いないでしょう。
上の表でもトップの記事の写真は私の自信作でした。

ローチ以外の数字にも目をやりますと、「アクションを実行したユーザー」「話題にしているユーザー」もリーチ数に比例した数字になっています。
ちなみに「アクションを実行したユーザー」は記事のクリック数、「話題にしているユーザー」は記事に「いいね」したり「シェア」された数の総数となります。

上の表のもう一つの指数「クチコミ度」ですが、

「クチコミ度」=「話題にしているユーザー」/リーチ数×100

となり、記事を見た人中何人がその記事にいいねやシェアをしているかの割合となります。
上の表だと7%~32%とまちまちでこの度数を上げるには文章や写真の腕が要求されるでしょう。
□次のデータも研究中ですがお目にかけましょう。

上のグラフがページにいいねした人、下のグラフがリーチした人の年齢分布です。
ページのユーザーと言える「いいね」した人は45~54才が中心ですが、リーチした人になると34~44才がボリュームゾーンとなります。

このサイトは「いいね」ユーザーがまだ少ないため、一般的とは言いづらいですが、今回はリーチ先は35~44才が多いというデータになりました。

今回のページは郷土の偉人のリーチデータですが、商品やお店のFacebookページの場合、性別や年齢層、どういった記事がリーチが伸びやすいか、などのデータを総合的に研究することで顧客の嗜好をかなり具体的に知ることができます。
□もう一点興味深いデータをご覧に入れましょう。
これは過去2週間、私のFacebookページのいいねがどういったルートで得られたのかを示すグラフです。

見てわかるとおり、8件のいいねのうちモバイル(おそらくスマートフォン)からのいいねが5件(62%)とモバイルからのアクセスが非常に目立ちます。

Facebookへのアクセスは少し前まではPCからが圧倒的に多かったよう思いますが、ここにきてモバイルからの接続が飛躍的に伸びてきています。

ニフティとコムニコが2012年2月13日、@niftyのインターネット接続サービス利用者を対象にした、Facebookの利用調査結果ではスマートフォンからFacebookを利用しているユーザーは全体の40%となっていましたが、それから半年たった今、私のアクセスログのみで考えるとすでに50%を上回っているのではないかと思います。(※スマートフォンのみの利用と言う訳ではなくPCとの併用が前提です。)

Facebookオンリーの使用ならばさほど問題はありませんが、そこからホームページへ誘導したり、リストをとったりする場合モバイル対策はもはや必須となっています。

 

12 7月wordpressの各記事にFacebookのコメント欄を設置挿入する覚えがき。

 

yahoonewsをはじめ、最近いろいろなサイトを見ると、記事の下のコメント欄にFacebookのコメント欄を引っ付けているサイトを多く見るようになりました。

↑こんな奴です。

ワードプレスなどのblogシステムにはもともとコメントシステムがありますが、時代の流れは自前のコメントシステムではなくFacebookやTwitterの「ソーシャルプラグイン」と呼ばれるこういったプラグインをつける方向です。

「ソーシャルプラグイン」をつけることにはどんなメリットがあるのでしょうか?

一番に考えられるのは、「広がり」です。
Facebookのソーシャルプラグインのコメント欄にされたコメントは、そのブログの記事内に表示される他、コメントした本人と友達のFacebookのニュースフィードにblog記事のリンクと共に表示されます。

あとはSNSの特徴通り、いいねやシェアを繰り返し記事のリンクが拡散されて行きます。
と言うことで、Facebookのコメント欄をワードプレスの各記事毎に設置する方法です。
まずは下のリンクから「Facebookソーシャルプラグイン」のページに行きます。
http://developers.facebook.com/docs/plugins/

ここで赤枠のコメントをクリック

 

 

 

下の画面が表示されたら「width」でコメント欄の左右のサイズを調整します。


「http://example.com」は後ほどwordpressのタグを挿入するのでそのままでOKです。

 

最後に「Get Code」ボタンをポチッとな!
※初めて「ソーシャルプラグイン」を使う場合はFacebookのアプリケーションIDが必要です。
アプリケーションIDの取得方法は下の「iFrame版 Facebookページ作成方法(最新版 仕様変更対応)」をご覧ください。
ワードプレスに挿入されるコードが表示されました。
プラグインのコードには「HTML5」「XFBML」のどちらかが使用できます。
今回は簡単なHTML5で設置します。

 

※HTML5はIE9以上・googlechrome・Firefoxなど対応ブラウザ出なければ表示されません。

まずは指示通り、上のテキストエリアのソースを<body>タグのすぐ後ろに挿入します。
ワードプレスのテーマの場合、多くのテーマでは「header.php」内を探してください。

次に「プラグインを表示したい場所にプラグインのコードを配置します」のコードをコピペします。

ここでみそですが、図の赤枠部分に記事のURLを取得するコード

<?php the_permalink(); ?>

を挿入します。
後はコメントを埋め込みたい部分にソースをペーストして終了です。

一般的にはindex.phpやpage.phpのワードプレスのデフォルトコメント欄の

<?php comment_form(); ?>

を探して差し替えるのが簡単でしょうか。

これで普通のワードプレスもソーシャルブログに早変わりです。

 

 

 

10 7月googleカレンダーの予約機能がおもしろそうなので試してみました。

みなさん、googleカレンダーに予約機能があるのをご存じでしょうか?

ホテルや旅館の予約を取るときに表示されるカレンダーがありますが、あれと同じような機能です。
いつの間にそんな機能が!と思いますが実は2011年6月から実装されています。
私は最近まで知りませんでした・・・・

使い方は至って簡単です。

まずはgoogleアカウントにログインしてカレンダーを表示します。
このときのポイントは「日」もしくは「週」の表示にすること。
「月」表示では「予約枠」のリンクは表示されません。

それでは早速設定してみましょう
「週」表示にして、予約枠を設定したい時間にマウスカーソルを合わせると
画像のバルーンが表示されます。

ここで赤枠の「予約枠」のリンクをクリック。

すると下の様な表示に変わるので「予約枠の使用を開始」のリンクをクリックします。

さあ、予約枠の詳細設定画面が出たでしょうか?
後は必要事項を入力しましょう。

「場所」のテキストボックスに住所を入れると、予約者に飛んでくる確認メールにgoogleMAPのリンクが張られますよ。
情報の入力が終わったら左上の「保存」ボタンをクリックして設定完了です。

あとは詳細入力ページに表示されていた「このカレンダーの予約ページ」のURLに入ってみましょう。
赤枠のようなページを確認できます。


クリックすると次のような画面が出てきて、「保存」ボタンを押すとその時間で予約されたことになります。

そうそう、この機能は予約する側もgoogleにログインしている必要があります(ここが惜しいね)
ついでにgoogleカレンダーをホームページやblogに貼り付ける方法です。

まずgoogleカレンダー右上の歯車マークをクリックして「設定」を選択します。


設定画面が開いたら「カレンダー」のタブをクリックして「このカレンダーを共有」のリンクをクリック!


このカレンダーを一般公開する ヘルプ
このカレンダーは一般公開され Google の検索結果にも表示されます。
予定の時間枠だけを一般に公開 (詳細は非表示、検索の対象にもならない)

のチェックボックスをチェックして「保存」をクリッククリック!
さらに左上タブの「カレンダーの情報」ページを表示して、赤枠のHTMLコードをコピーします。


あとは好きな場所に貼ればOK~~~
Facebookページに入れ込んだりも可能なので使い方によってはおもしろいです。

 

16 2月ワードプレスの不要コメントを一括削除するプラグイン

超便利なplug-inがあったので覚えがき

ワードプレスをしばらくほったらかしていると、spamコメントや未承認コメントが山のようにたまることがある。

一括削除する場合、phpmyadminのデータを消すなどしていたが、ちょっとだけリスクが高い

こんな時はこの「WP-Optimize」プラグインで不要なコメントを一括削除が可能!

使い方は簡単 英語プラグインなのがちょっとだけ残念だが 下の様なメニューが出るので、不要なコメントのチェックを入れて「PROCESS」ボタンを押すだけ

Remove all Post revisions

No post revisions found

Remove all auto draft posts(自動保存された下書きを削除)

1 auto draft post(s) in your database

Clean marked Spam comments(スパムコメントを削除)

No spam comments found

Clean Unapproved comments(未承認コメントを削除)

No unapproved comments found

Optimize database tables(データベースの最適化)

※使用は自己責任で行ってください。当サイトは「WP-Optimize」に関しての一切の責任は負いません

17 1月グーグルの超迷惑新機能「Escape hatch」について

google検索をする際に、検索窓にキーワードを入れて検索すると、検索結果の画面の一番上に「もしかして○○ではありませんか?」という文字が表示される。

これは以前からある機能で「Did you mean?(もしかして検索)」と呼ばれる。

記憶が曖昧なときには非常に重宝する機能である。そして昨年11月中番よりもしかして検索をさらに一歩進めた「Escape hatch(脱出口)」検索というのがいつの間にか始まっていた。

Escape hatch 何がやっかいなのかというと自分が意図していた検索ワードが、いつの間にか勝手に変えられてしまうのだ。

たとえば「カイノキ シンボルツリー」で検索したところ、検索結果には「ハイノキ シンボルツリー」の結果が表示され、「カイノキ シンボルツリー」の結果を表示するには上の赤枠内のリンクをクリックする必要がある。

サンプル)下の様に「次の検索結果を表示しています」というメッセージとともに「ハイノキ シンボルツリー」の結果が表示される。

次の検索結果を表示しています: ハイノキ シンボルツリー
元の検索キーワード: カイノキ シンボルツリー

さらに凶悪なのは”店舗名”などの固有名詞を検索すると、勝手にメジャーなものに置き換えられてしまう。

「トヨオタ自動車」という町の自動車販売店があったとしても「トヨオタ自動車」で検索すると「トヨタ自動車」の結果が表示され「トヨオタ自動車」の検索結果は出てこない!
同様に確信犯的に「誤字脱字」を使った店名(会社名)などの場合も自動的に正しい文字に変換されて検索結果を表示するという超お節介な内容になっている。

こうなってくると、いままで店名検索からやってきていた客が突然ぱたりとこなくなったりと言うことも十分にあり得る。

と、文句を言っていてもこうなってしまったからには対策が必要になってくるのだが、さてどうしたものか・・

考えられるものとしては、”固有名詞”としてgoogleに認知してもらうのが一番で、上の「トヨオタ自動車」の場合は「トヨオタ自動車」というアンカーテキストで被リンクを集める以外ないかもしれない。
またこれは未検証だが、「トヨオタ自動車」というgoogleプラスページを作成し、自社ページとひも付けを行うのも”googleに認識させる”には有効な可能性もある。

とにかく、今後新しくサイトを立ち上げたり会社名を付ける場合は「正しい文法・正しい表記・超有名な類似名がない」事に注意する必要がありそう。

17 1月グーグルプラスとアドワーズの連携

前のページでグーグルプラスページの利点をいろいろと書いてきたが、もう一つグーグルプラスページをビジネスで使用する上では必ず押さえておかなければならないポイントがある。

と言うことで「adwords」とグーグルプラスページの連携についてである。
2011年10月頃からアドワーズ広告内に「プラスワンボタン」が設置されている。このボタンをクリックすると検索時に現れるプラスワンボタンと同様「○○さんが+1しました」などという表示が現れる。

ここで、もしあなたがadwordsに広告を出稿し、さらにそのサイトに対応するグーグルプラスページを作っているならば、adwords広告内に「あなたのグーグルプラスページのプラスワンボタンを設置することが出来る。」

方法はこうだ

1.グーグルプラスページを作成する

2.adwordsにログインして「新しいキャンペーンを作成」するもしくは「既存のキャンペーンを編集」する。

3.目的のキャンペーンの「広告設定オプション」の中から「ソーシャル設定オプション」を選択する。


4.入力のテキストboxにグーグルプラスページのURLを入力

以上で設定は完了、グーグルがプラスワンページを審査し、問題がなければ自分のadwords広告とグーグルプラスページが連携するようになる。

表示された結果はこんな感じ
通常の広告の下にプラスワンボタンとプラスワンした人の表示、さらにはこの広告とリンクしているプラスワンページへのリンクが現れるようになる。

もちろんこれらの表示は他と同様グーグルにログインしていることが前提であるが、今後まだまだどんな風に化けるかわからないポイントだけに、いちどは試してみることをおすすめする

 

13 1月プラスワンボタンはどんなことが出来るのでしょうか?

googleプラスワンボタンのサービス開始初期、webサイトにプラスワンボタンを設置するには専用ページから汎用ソースをつかって貼り付ける感じだった。

クリックの結果はwebマスターツールで確認、結果はURL単位となりwebサイト全体の総クリック数の表示は不可能だった。

だがgoogle+(グーグルプラス)ページのサービスの開始と同じくしてgoogle+(グーグルプラス)より「バッジ」と言う機能が追加され、自分のwebサイトの「プラスワン」を一元管理出来るようになった。

これによりgoogleプラスワンボタンもようやくFacebookの「いいね」ボタンと同様の機能を持つようになったといえる。

ただここまでだとプラスワンボタンもいいねボタンの2番煎じで何ら目新しいものはないが、そこはさすがにweb検索を牛耳るgoogle! きっちりと検索結果にもプラスワンボタンやgoogle+ページの内容を盛り込んできた。

google+(グーグルプラス)ページの内容を検索結果に表示する「Search plus Your World」に関しては前記したとおりなのでそちらを見てもらうとして、プラスワンボタンが検索結果にどう影響して来るのかを検証してみよう。

プラスワンボタンの基本的な動きをおさらいすると、「プラスワンボタン」はgoogleにログインしていないと表示されない(ログイン後は、google+に登録していなくても表示される。これは「Search plus Your World」同様)。

ログインしていると検索結果のサイト名の横にプラスワンボタンは表示される。


サークル仲間がおなじワードなどで検索したとき、あなたがプラスワンしたサイトがあると「○○さんが+1 しました」とプラスワンボタンの下に名前が表示される。また自分のサークル仲間以外が付けたプラスワンはクリック数が表示される。

検索結果に出てくるプラスワンボタンには以上の機能しかないが、google+ページの「バッジ」を使って作成された「プラスワンボタン」の場合、クリックしボタンが青くなった後プラスワンボタンにマウスポインタをもってゆくと「共有」ボタンとコメント欄が現れる。

ここで「共有」をクリックするとサークル仲間のストリーム(掲示板・Facebookではニュースフィールド)にあなたがプラスワンしたサイトの情報が表示されサークル内で共有できる。

まあ、これらの機能はgoogleにログインしていないと今のところほとんど関係ない話で、これらが如何にメジャーになるかはgoogle+がどの程度普及するかにかかっている。

平成12年1月13日の各SNSのユーザー数をみると今のところFacebookの1/3くらい、サービス開始時期を考えると猛烈な勢いで追いついてきているようだ。

http://news.mynavi.jp/news/2012/01/13/009/

あとgoogleの場合は”android”の存在も大きい。
androidでgoogleにログインしている人はPCよりも遙かに多い感じだし、androidとgoogle+の連携次第では今後さらにユーザーの大幅増もあり得る。
と言うことで、自分のサイトにまだ「いいね」ボタンしか付けていない方、急いでプラスワンボタンも設置しましょう。