30 8月FacebookページのSSL対応ページをロリポップの共有SSLを使って作る

FacebookページのSSL対応ページをロリポップの共有SSLを使って作る

ロリポップの共有SSLを使ったFacebookページ用ワードプレスの作り方

Facebookを通常のhttp://で見ている分には問題無いが、URLが https:// となっていた場合、Facebookページが表示されない場合はある。

その場合は下記のようなページが表示される。

これはiFrameを使って作成されたFacebookページのiFrame内に表示されているものがSSLに対応していないために起こる現象で、回避するには元のページをSSL対応にするほか無い。

※SSLとは
Secure Socket Layerの略で、米Netscape社が開発したインターネット上で情報を暗号化し、送受信できるプロトコルです。サーバ⇔クライアントPC間でクレジットカード情報などの機密性の高い情報を安全にやり取りできます。

https://www.sslcerts.jp/

通常SSLを使用するにはSSL対応のサーバーにデータを設置する必要がある。
利用しているサーバーによって、SSLの対応は様々だが、ココではロリポップの共有SSLを使ってワードプレスを動かし、FacebookのSSLページに対応できるよう設定してみる。

1.ワードプレスをロリポップにインストール

2.ユーザーページから、自分のアカウントに対応している共有SSLのURLを確認する。

※例)下記のアカウントを借りて普通にワードプレスをインストールしてみた。
「http://ftown.pupu.jp/wp/」

今の状態で、下の共有SSLのURLにaccessすると、画像やCSSが読み込まれていないため、白地に文字だけのページが現れる。

https://pupu-ftown.ssl-lolipop.jp/wp/

3.「小粋空間」さんの下のプラグインをダウンロードしてワードプレスにインストール
WordPressのURLをSSLや相対URLに変更する「wp_replace_domain」プラグイン

※ワードプレスを共有SSL対応にするためには「WordPress HTTPS」と言うプラグインもあるが、「wp_replace_domain」の方が直感的でおすすめです。

あとは画像の「ドメイン設定」画面を開いて赤枠部分を入力して完了。
※http:// や https:// は必要ないので注意

これでワードプレスのSSL対応は完了です。

4.Facebook用Wordpressテンプレートをダウンロードしてテーマ設定。

5.iFrame版 Facebookページ作成方法(最新版 仕様)のページを参考にSSLページをFacebookアプリに登録して完了

以上でSSL対応Facebookページの完成です。

■ソーシャルネットおすすめ情報

現在コメントはありません

コメント:

コメントをどうぞ
お名前
メールアドレス
URL
コメント記入欄