02 5月いいねとシェアとFacebookページのいいねの違い

Facebookを使っていて、今ひとつわかりにくいのが「いいね」と「シェア」と「Facebookページのいいね」の違いだろう。

「いいね」と「シェア」と「Facebookページのいいね」の違いを理解するには「ウォールとニュースフィードの違い」を理解する様にする。

Facebookで言うウォールは、自分の投稿した記事が表示され、その記事に対して友達がコメントした内容を確認できる自分の掲示板的なものをいう。

友達のウォールを見る場合は自分のウォールやニュースフィードにある友達の名前のリンクをクリックする。

ニュースフィードはFacebook内で自分が興味のある内容を集めてきてくれる自動データ収集コーナーの様なもので、自分のニュースフィードは他者には見えまない。

これを踏まえた上で、「いいね」と「シェア」と「Facebookページのいいね」の3つの機能について簡単にまとめる。

まず「いいね」ボタンだが、これは相手の投稿に関して、「見ているよ~」という意思表示を表す時などに使う。

いいねボタンをクリックすると、相手のウォールが更新され、自分が「いいね」といっていることを相手に教える事ができる、このとき自分のウォールは更新されないため、自分が「いいね」といっていることが伝わるのは、最初に記事を投稿した相手の友達までとなる

A===B===C===D

わかりにくいので図にすると、自分が「B」で「A」と「C」は友達でない場合、
Cの投稿に対して「いいね」をクリックしても、「A」には伝わらないが、「C」と友達の「D」のニュースフィードには「B」が「C」の記事に対していいねと言っていることが伝わる。

次にシェアの場合、シェアは「C」の投稿に対して「B」がシェアボタンを押した場合、「改めてBが投稿した」形となり、「B」のウォールが更新される。このため、「C」が投稿した記事は「B」のウォールを介して「A」に伝わるようになる。

最後に「Facebookページのいいね」(ホームページ上についているいいねボタンを含む)だが、これば「いいね」ボタンと名乗っているが機能としてはシェアボタンとほぼ同じで、新規投稿の「link」の投稿と同じ働きをする。

つまり、最近Facebookを使ったバイラルマーケティングがあちこちで盛り上がっているが、Facebookの口コミパワーを爆発させるためには、投稿された記事に関しては「いいね」ではなく「シェア」ボタンを押してもらわなければ大きくは広がらないと言うことになる。

Tags:

■ソーシャルネットおすすめ情報

現在コメントはありません

コメント:

コメントをどうぞ
お名前
メールアドレス
URL
コメント記入欄